読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

資産家で発明家でプレイボーイ、アイアンマンを振り返る。

f:id:KamikiYuki:20160310031718j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。

マーベル・シネマティック・ユニバースいう
マーベルヒーローが同じ世界観を共有する映画群があります。
今から放映されるものでいうとシビルウォーキャプテン・アメリカ、
続くはドクターストレンジ。
その作品群の最初の作品がアイアンマンです。

関連記事 

 

 

 

億万長者で発明家の軍需産業会社社長トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、視察に訪れた軍のキャンプでテロリストの奇襲に遭い、胸を負傷してしまう。やがて自分の会社の兵器がテロリストに悪用されている衝撃の事実を知ったトニーは、自ら戦闘用のスーツを作り、“アイアンマン”となってテロリストに闘いを挑む。

- シネマトゥデイ -

アイアンマンは超人的ヒーローではなくパワードスーツを身にまとったヒーローです。
それを着ているのがトニー・スタークという人物。
彼は軍事産業で有名なスターク・インダストリーズの社長。
父親より社長の代を継ぎ製品も彼が主に開発しています。
ゆえに多額の資産を持っていてパーティーで遊び、女をあさるプレイボーイ。
しかし、自分の開発した兵器は国を守る為に使われているという自負がありました。

ある兵器の商談に直接赴いたトニーはそこでゲリラの襲撃に遭い、
ミサイルで同行の兵士を殺され、自身もそのミサイル(スターク・インダストリーズ製)の爆風で気を失ってしまいます。
ゲリラ組織に捕まったトニーは兵器の組立を解放の条件にされますが、
作業の合間に自社で開発中のエンジン、「アーク・リアクター」の小型版を開発、
そのエネルギーを使うパワードスーツ(アイアンマンの試作)を作って脱出します。
しかし、国の為に使用するはずの開発した兵器がテロ組織に使用されていた事実に
ショックを受けたトニーは自社での兵器開発をやめてしまいます。
代わりに開発するのがアイアンマンと呼ばれるようになるスーツの開発です。
それを自身が着用してアイアンマンとして活躍していくわけですね。
しかし、兵器部門を凍結されたことでトニーの叔父は暗躍を始めます。

とまぁ、あらすじの割に作中の1/3くらい話した気もします。
アイアンマンことトニー・スタークは天才的発明家で資産家で
女遊びの大好きなチャラチャラしたいけ好かない人物ですが、
自国を守ろうとする正義と国の人々を助けたいという愛に満ちた人物なのです。
しかし同時に第三者から見れば戦争の兵器を作っていたので
死の商人として捉えられているのも事実です。
この見方は現在最新作であるアベンジャーズエイジオブウルトロンまで続いています。

アイアンマンのギミックもあってスピード感のあるアクションを楽しめる本作。
スーツの機械が変形していく様を観てると子ども心をくすぐります。

また、マーベル作品にほぼ登場するシールドのエージェントも登場。
フィル・コールソンが活躍するのはエージェント・オブ・シールドですが
そちらはマーベル作品をこのまま視聴して、
アベンジャーズまでご覧になってから。

 

 

アイアンマンを観るなら以下のサービスでも配信中  

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

動画を見るならU-NEXT