読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば、アイアンマン「アイアンマン3」をおさらいして観た。

映画 映画-洋画 レビュー

f:id:KamikiYuki:20160422022918j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
さて、MCU(マーベルシネマティックユニバース)もフェーズ2へ突入。

アイアンマン3をおさらいしていきます。

関連記事

 

 

 

 

スーパーヒーローで編成された部隊アベンジャーズの一員として戦い、地球と人類を滅亡の危機から救ったアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)。だが、アメリカ政府はスーパーヒーローが国の防衛を担うことを危険視するようになり、それを契機に彼はアイアンマンの新型スーツを開発することに没頭していく。そんな中、正体不明の敵によってスターク邸が破壊され、これまでのアイアンマンが全て爆破されてしまう。何もかも失ったスタークだが、人並み外れた頭脳を武器に孤独な戦いに挑む。

- シネマトゥデイ -

アベンジャーズの戦いから1年後の物語。

アイアンマンことトニー・スタークアベンジャーズチタウリとの戦いで
侵攻を阻止しましたが、この時の戦闘で心に大きな傷を負ってしまいます。
しかし、キャプテン・アメリカが中心だと思ったアベンジャーズ
やっぱりアイアンマンが締めてしまったなぁ。

アイアンマン集大成と呼ぶにふさわしい要素

監督がジョン・ファブローからシェーン・ブラックに変更になったこと以外は
アイアンマンという作品をひとまず締めるにふさわしい作品でした。

本作はトニーの過去のやんちゃっぷりの反動と、
ヒーローになったことで受けたトラウマ
未だに残る胸のミサイルの破片など様々な要素を解決するものとなっています。

今回の敵は過去トニーが商談を反故にした研究者。
そして、テロ組織のリーダー、マンダリン。
彼らは特殊な薬で超人化した人間を兵士として使い火や熱を攻撃手段としています。
目的などはネタバレの域なので語りません。

ものづくりの楽しさを思い出させてくれたハーレー

ある時、アーマーが故障してどこかに飛ばされたトニー
彼は飛ばされた先で孤独な少年ハーレーと出会います。
ハーレーには「整備士だ」と告げて彼の家の車庫でアーマーの修理をします。
それと平行して今回の事件を調べていくトニー。
発覚した事実にあせるトニーですが、ハーレーが
「整備士なんだから何か作れば?」
そこでトニーはホームセンターなどで資材を買い、武器を作っていきます。
その時にはトニーの不安が取り除かれ、発作も静まっていたのです。

童心に帰ったトニーを感じさせてくれるシーンでしたね。

さらばアイアンマン、そして...

今回の見どころはなんと言っても最後の戦いの
アイアンマンのアーマー勢揃いの出し惜しみのなさ
そして、トニーの恋人、ペッパーの活躍ですね。

このラストでトニーは冒頭の問題を全て払拭し、新たな一歩を踏み出します。
しかし、1作目からしたらどれだけトニーが丸くなったことか。
のちのエイジ・オブ・ウルトロン
「人類を愛するトニー・スターク」にも納得な流れです。

 

アイアンマン3を観るなら以下のサービスでも配信中 

動画を見るならU-NEXT