読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犯罪者がヒーローに!?「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」をおさらいして観た。

f:id:KamikiYuki:20160427025756p:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
今回はマーベルじゃないと思った?
今回もMCU(マーベルシネマティックユニバース)作品です。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」をおさらいして行きます。

関連記事

 

 

 

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。

- シネマトゥデイ -

銀河をまたにかけた犯罪者たちが大活躍

本作は今までのマーベル作品のように舞台は地球ではなく宇宙!
そして個別のシリーズの中で1作目なので他作品を気にすることなく観れます。
この作品ではほぼクロスオーバー要素もないので安心です。

それでいてマーベルならではのコミカルな演出やアクションはしっかり用意されていて非常に楽しめる作品になっています。

この作品のヒーローたちは皆犯罪歴のある悪党
しかし、ひょんなことから宇宙を救う為に立ち上がります。
メンバーはほぼ小悪党なのに銀河を救うのは彼らしかいない状況になっていきます。

f:id:KamikiYuki:20160427014748p:plain

ピーター・クイル / スター・ロード(中央)

26年前である1988年に母親の死のタイミングで宇宙海賊に拉致された地球人
現在はその宇宙海賊ラヴェジャーズの庇護の下、トレジャーハンターを営む。
今回ラヴェジャーズを出し抜いて、オーブを入手したことで運命の歯車が回り出すことに...。
ウォークマン1970/1980年代のプレイリストカセットテープを常に持ち歩いている。
一連の事件で彼の正体が...

ガモーラ(左)

一応ヒロイン的ポジションにいると思う。
元々オーブを奪いにきた暗殺者だが、色々あってこっち側につく。
養父がMCU最大の敵サノス

ドラックス(右)

本作の敵ロナンに家族を殺された仇を討つため銀河中を暴れ回っていた。
が、収容所に収まっている。
凶暴で顔も恐ろしいがたまに天然。
原作では元々地球人だったが、家族ともどもサノスに殺されてサノスに対抗する為に超人として復活させられた。

グルート(右後方)

本作のアイドル1号。
木のヒューマノイドでしゃべることは出来ないが非常に愛嬌のあるキャラクター。

ロケット(左前)

本作のアイドル2号。
遺伝子改造されたアライグマ
口が悪いが憎めない。観たら分かる、観ろ。

目まぐるしく舞台が変わるSFアクション

この作品の経緯を説明しようとするとかなり濃い内容で語り尽くせません。
宇宙が舞台なので場所も目まぐるしく変わります。
楽しめるのはマーベルならではのヒーローアクションはもちろんのこと、
宇宙船同士の戦闘も派手に演出されて楽しめる内容となってます。
とにかく、この作品はガーディアンズの結成までの物語です。

新たなインフィニティストーンとコレクター、そしてサノス

本作でまた新たなインフィニティストーンが登場。
それが冒頭からキーとなっているオーブ
コレクターのところに持ち込まれたことで、使用する強者以外全てを破壊するとんでもないものだと分かります。

ちなみにコレクターマイティ・ソー ダークワールドにも登場。

そしてMCU最大の敵とされるサノスも登場。
彼の本格的な登場も目の前ですね。あと1年は待たないといけないですけど。

エージェント・オブ・シールドとの関連性も

本作に登場する敵、ロナン
彼はクリー人という種族。
実はエージェント・オブ・シールドシーズン2クリー人が登場します。
彼らの影響はシーズン3にかけて重要な位置づけとなりそうです。
非常に楽しみ、その先のインヒューマンズが楽しみなんですけどね。

シーズン2のレビューはまた全部視聴したら書きたいと思います。
(記事はシーズン1のレビューです)

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを観るなら以下のサービスでも配信中