読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これはもう仮面ライダー!「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」をおさらいして観た。

映画 映画-洋画 レビュー

f:id:KamikiYuki:20160408030717p:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
マーベル・シネマティック・ユニバース5作目のキャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーをご紹介します。
これも思い出すようにレビューしていきます。

関連記事

 

 

 

第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。

-シネマトゥデイ-

個人的にはマーベルヒーローの中で
キャプテン・アメリカがセンターってイメージなんですよね。
アイアンマンが結構推されているマーベル・シネマティック・ユニバース。
あいつ、昔のデザインこんなだぜ?

f:id:KamikiYuki:20160408024630p:plain

時代は1942年

今回はこの映画群で時系列が一番古い作品です。
なんといっても第二次大戦中の出来事ですので。
ファーストアベンジャーとあるのもアベンジャーズの最初の一人という意味だろう、たぶん。
キャプテン・アメリカとはいわゆる仮面ライダー。
敵の技術で改造人間となり、超人的身体能力を得た人間。
ナチスに協力させられた技術者が亡命して持ち込んだ技術で改造人間になったのだから間違ってない。
しかし彼、スティーブ・ロジャースはマスコットとしてキャプテン・アメリカとなり広告塔扱いを受けてしまいます。
戦時中ということもあり、彼自身ヒーローという扱いではなく一兵士であり、
国の為に戦いたいという思いで軍に志願しています。
当初は虚弱な肉体で思いに身体がついてこなかったスティーブ
しかし、志願兵の誰よりも正義感とアメリカへの愛国心に満ちていました。
これがキャプテン・アメリカのアイデンティティと言えます。
超人的肉体は彼の特徴ですが、このアイデンティティなくしてそれを手に入れることはなかったでしょう。

しかし戦争の相手国ドイツナチスにはお抱えの研究機関ヒドラがあり
そのトップ、レッド・スカルもまた超人血清により超人的肉体を得ています。
この血清の厄介なところは正義も悪も増幅してしまうこと。
スティーブ・ロジャースの正義が増幅されたように、レッド・スカルの悪意も増幅されたのです。

この作品、ヒーロー映画ではありますが
戦時中ですので後半はキャプテン・アメリカの部隊という方がしっくりきます。
ビックリマンショー以外は戦争としての戦い方なのです。

マーベル作品の壁を越えて登場するキャラクターたち

むしろこの作品においてヒロインのペギー・カーターですが、
この作品よりあとの時系列でエージェント・カーターというドラマで主役。
アイアンマンことトニー・スタークの父親で、キャプテン・アメリカ誕生に一役買っているハワード・スタークも登場。
彼らが所属するSSR(戦略科学予備軍)はシールドの前身にあたります。

MCUのキーアイテムが本格的に登場

マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて重要なファクターで
今作で本格的に登場するキーアイテムが「四次元キューブ」です。
これはインフィニティストーンと総称する石の一つです。
四次元キューブと字幕や吹替では呼ばれていますが、
コズミックキューブとも呼称されます。
またコミック版ではインフィニティジェムと呼び、それぞれまた違う名称で呼ばれています。全部で6つあります。
そのどれもが絶大な力を秘めています。
四次元キューブマイティ・ソーのエンドクレジットにも登場しています。

こいつに限ってはシリーズ内で一番変遷のある石ですね。

 

 

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーを観るなら以下のサービスでも配信中 

動画を見るならU-NEXT