読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倫理観を吹き飛ばす紳士なスパイ映画「キングスマン」をやっと観た。

f:id:KamikiYuki:20160323030930p:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
ピクセルと同タイミングでレンタルしたのにやっと観たよ、ホント。
スパイ映画というジャンルは多くあります。
007シリーズをはじめ、スパイキッズ、観てないけどU.N.C.L.E.などなど
今回新たにシリーズ化しそうなタイトルが昨年登場しました。
既に2作目の制作が決定しているキングスマンです。

 

 

 

ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。

- シネマトゥデイ -

キングスマンとは

本業は高級テーラー。
国家機密のエージェントでありながら政府やどんな政治家にも属さない組織。
しかし警察組織などあらゆるところに介入できる諜報機関。
彼らは常にスーツを着て潜入工作を行います。常に紳士であるべきという信条。
エージェントはおそらく13人。
エージェント名がアーサー王と円卓の騎士の名を冠しています。
メインのハリー・ハートはガラハット。
他、アーサー、ランスロット、マーリンは登場。
他はホログラムでモブキャラ扱いで登場します。
スパイ映画にありがちなハイテク機器やギミック搭載のスパイ道具がたくさん登場。
一番大きく取り上げられたのは予告編にもある傘。
棍棒として使うもよし、開いて防弾シールドにするもよし、紳士傘なのに内側は透過して向こう側が見渡せる。傘の先からマシンガンを撃つ。

...マシンガンを撃つ

まさかの記憶消去の針や仕込みナイフ、ライター型手榴弾など...
メガネはカメラが搭載されている他、AR機能を搭載。
クルマは遠隔操作が可能、タブレットで思いのまま!
007顔負けのツールの数々です。ていうか結構なオマージュ。

紳士スパイが労働者階級の青年をスカウト

この物語はキングスマンのエージェント、ハリーが
キングスマン候補生だった父を持つ青年エグジーをスカウトして教育。
キングスマンがなんたるかを語られながらハリーは世界規模の陰謀を探っていきます。
エグジーは頭脳明晰で身体能力も高いのに非行に走っていました。母親も夫を失って新しい男を見つけるも、これまた不良。
ハリーは「生まれた環境で人生は決まるのではない」という信条の元、エグジーを推薦。エグジーの精神的指導者となっていきます。
というのもハリーはしゃべらせたら9割が名言で紳士の鑑と呼べるイケてる紳士。
もっと名言を語りたいのですが、はっきりとしたセリフ忘れたので忘れた頃の宿題にします。

コミカルなスパイアクション作品

スパイ映画にありがちななんでもアリな便利ツールに
これでもか、というコミカルさを併せ持ったある意味問題作。
...だって人がたくさん死ぬシーンを笑えるシーンにするなんて倫理観の欠片もないでしょ!
おっと口がすべりました。
必見はやはりアクション。
一人対大勢の殺陣シーンを多く取り入れており、常に乱戦。
とにかく爽快感を第一としたスパイアクション。
...冷静に考えるとスパイしてたかな?

コミカルな演出を際立たせたのが音楽。
全体的にアップテンポな曲ばかりでアクションシーンでもそれなので
アゲて観てましたね。

一番ピークなシーンでこの曲とか映像とのギャップに笑えた。

これ、80年代のディスコ曲です。
今聴くとオシャレですね。

 

あと最後。
注目してもらいたいのは吹替でご覧になる人は通常の字幕もONにしてご覧になってください。本当に最後のシーンのセリフは言葉を失いました。
R15はグロではなくエロやったんや...

ルーク・スカイウォーカーがそこにいた!?

あとで気付いたんですけどスターウォーズエピソード4〜6
そしてエp...にルーク役で出演していたマーク・ハミルが大学の教授役で登場
冒頭に出てくるのでご確認ください。
改めて確認すると日本で有名な作品は最近出演されていないんですね。

 

f:id:KamikiYuki:20160323031002p:plain

このポスターあるなら地味に欲しい。

なお、冒頭でも言われていたように
キングスマンの続編が製作中だそうです。
彼の続投に期待したいです。

 

キングスマンを観るなら以下のサービスでも配信中   

動画を見るならU-NEXT