読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宿命を背負う特殊能力を持つ少年たちの物語、「ストレイヤーズクロニクル」をやっと観ました。

ディスク化されたシリーズレビューです。

今回は「ストレイヤーズクロニクル」です。
小説からの映画化。
いわゆる異能力バトルものです。

 

 1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴(岡田将生)とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)のもとで、公にできないさまざまなミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学(染谷将太)が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて……。

- シネマトゥデイ -

二つの方法で生み出された特殊能力を持つ少年たちのお話です。
一つは両親に過度なストレスを与えて宿す子どもに進化を促した。
もう一つは生まれる前に遺伝子操作を施し、あらゆる生物の遺伝子と組み合わせた。
彼らの共通点は特殊能力を持つことと、それゆえに大人になる頃に肉体的な死、精神的な死を迎えてしまう。
それを知っているゆえに未来を曇らせる者、絶望する者がいました。

この作品、結論からいうと特別面白くはなかったです。
このストーリーなら戦闘シーンはもっと派手でも良かったかな、という印象。
ですが、各々の特殊能力は説明しなくても実演してこういうものだと誘導している分、丁寧に作ってます。
それに異能力バトルものなりにアクションはしっかり

この作品のあらすじ、色んなサイトで異なるのは観ていただけると分かります。
というのも予告編ですら正しいあらすじを語っていないのです。
まぁミスリードとでもいうのか...