読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上半期映画ベスト10を紹介するヒデチュー5回目

ヒデチュー 映画 雑記

f:id:KamikiYuki:20160502003032j:plain

現在都内某所におりますカミキユキ(@KamikiYuki)です。
なので振り返りも映画レビューもちょっと書けない状況。
他にも色々あるんですけど、うん。
以下定型文。

コジプロを解散、コナミを退職し独立して新たにコジプロを設立した
ゲームデザイナー小島秀夫監督
今までもヒデラジやコジマステーションなどラジオ、配信を行ってきました。
ヒデチューはyoutubeチャンネルにおいて独立して初めて始まった配信になります。

関連記事 

 

 

 

 

 

 

 

今回は2016年上半期映画ベスト10ということで
小島監督と矢野さんが各々のベスト10を紹介します。

それに加えて前回視聴者のベスト10をTwitterで募集していました。
ぼくも自身のベスト10をハッシュタグで投稿しました。
そのベスト10は以前紹介しました記事です。 

このお二人はかなり映画通でして
小島秀夫監督は「70%が映画で出来ている」という言葉のとおり、
子どもの頃から映画に親しんでいる人で、ゲームにおいても映画的表現を駆使したり、それ世界に干渉出来るような体験が出来るものを作っていらっしゃいます。
代表作はメタルギアシリーズですね。今更な紹介ですね。
矢野健二さんは元々KADOKAWAの方で多くの映画を観ていらっしゃいますし、
メタルギアの考察本の編集をはじめ、ノベライズの企画・編集をされた方。
実は執筆した野島一人とは彼のことだった...はず
今までもラジオなど二人で映画について語る企画などあったりし
気の知れた仲なんですね。

みなが選ぶ映画ベスト10

まずぼくたちが投稿したベスト10が集計されました。
ハッシュタグで追ってみると、ぼくから観てもベスト10ていうか
1本しかあげてない人が多かったんですね。
1本しか評価出来なかったのか、1本しか観てないのか
おそらく後者だと思いますが...。
どうしても有名どころで観てそれをあげることもあるので
上位は日本でもよく宣伝されていたタイトルばかりです。

決してぼくのベスト10タイトルが下位にいたのが
納得できないわけじゃありませんからねっ!

まぁ普通そう何本も観る人もいないよな。
ぼくでさえ1週に1本観てるペースは観ない人がほとんど。
おそらく都内の投稿が多いですね。
広島では公開されてない(まだも含む)タイトルや
ミニシアター系もありますしね、
先ほどの1本しか観てない人って多分シネコンでしょ?(偏見)

しかし、もう少し何かしらフューチャーすると思いましたが
あっさり視聴者ベスト10集計は終わりました。

二人が選ぶ映画ベスト10

10位からそれぞれ二人のタイトルが紹介されます。
その度にあらすじや感想を述べていきますが、
ベスト10でかぶっているタイトルで、もっと上位にある場合は
上位で出てきてからまとめて紹介される形となっています。

やはり二人が観ているタイトルから
趣味嗜好もありますが価値観が違うんでしょうね。
知らないタイトルもあれば、これがあがるのか、と思う作品も。
これで過去公開映画のレビューも進むってもんです。

シング・ストリートはぜひ観たいですね(広島は週末より公開)
というかこの限定版パンフレット売ってますかね、マジでほしい。

 

そして自分のベストを再考したいと思ったのがシビル・ウォー。 

単純に子どもも熱狂的ファンも楽しめる作品
いっぱい出てくるヒーローも各人キャラたってて活躍するよ!
といった表面的な話題しかレビューにありませんでしたね。
じゃなくてヒーローの活躍の裏には一般住人の犠牲とかとか深いテーマが根付いているんですね。
このあたりはもう一度観て記事をリライトしたいです。
MCU(マーベルシネマティックユニバース)は吹替で観てるので次は吹替で。

他に麻薬戦争を取り扱った映画が特に印象強かったです。
最近はあんな戦争状態でもドキュメンタリーとして映画がとれるんですね。
ジャーナリズムびっくり。

 

次回は未定

次回はまた視聴者より募集するそうです。
公開録音とかしたいみたいですねー