読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

05/07(土)〜05/13(金)を振り返る。

f:id:KamikiYuki:20160312152834j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
連載時から読了することのなかった遊戯王をやっと読み終えました。
王の記憶編の途中まで読んでたはずでそこだけ知人から借り受けて完結した次第。
文庫版の重みといい感じに読み込んだすれ具合、愛を感じます。
終盤のみでしたが文庫版はタロットになぞらえた説明と、考え込まれたであろう設定の考察が説明されていてこれだけで十分な資料ですね、勉強になりました。

先週の報告

 

 

 

では前週の報告です。
まずは期間内1週間のPV数から。
先週よりPVで計上します。
(前週の土曜日から今週金曜日までの集計結果)

 

今週のPV数:596

投稿数:6本

 

 

 

 

 

なぜかトップに躍り出てきたアイアンマンレビュー。
2ヶ月も前の記事ですのでそろそろリライトした方がいいよね。
現在エージェント・カーターを観ていますが、
ハワード(トニーの父親)をみてると既視感が...

 

 

続いてPV数を多く獲得したのが前回劇場鑑賞した64-ロクヨン-
邦画はそこまで注目されないのか、それともぼくの記事がよろしくないのか。
個人的には十分アタリだった作品です。

 

 

 

今週の記事 

ブログ論記事、少ないですが少しずつ書いていきます。
毎日どうやってブログネタを用意してるんですか?という問いに答えたい。
毎日何本も書いてる人もいるんです、ぼくは1日1記事は頑張っていきたい。
こちらの記事、参考にしてみてください。

 

昭和64年に起こった少女誘拐殺人事件。
それから時効まで残す1年を迎えた平成14年において
当時刑事として捜査していた三上は広報官として同事件と向き合い、
それをなぞらえた新たな事件に関わっていきます。
前編は推理ものというより感情がぶつかり合う人間ドラマ
この感情のぶつかり合いに尽きる作品です。

 

えー通常版のDVDが1000円、BDが1500円程度でセール中です。
要チェック!

 

偶然見つけた高橋名人のインタビュー。
そこから思った趣味の哲学
ぼくなりの考察とブログ論にちょっとつなげる無理矢理さ

 

江戸時代の離婚って女性は自由に出来なかったって知ってます?
そんな事情を映画として展開した作品がこちらです。
離婚にも希望もあれば愛もあるんじゃよ

 

セールで見つけてまとめて買って読んでみて面白かったのでご紹介。
いつまでか分かんないけど一冊54円で売ってます。全部買っても270円
まだ連載中だけどこの時点で買って損はないです、オススメ

 

 

遊戯王の考察だけで記事がかけてしまいそう。
そんなぼくは本日マンガのその後を描く劇場版遊戯王を観てきます。
今更ですけど、劇場特典も最終週なので1枚くらい持っててもいいじゃない。

あと昨日気を紛らわすのに筋トレしていた腕やお腹が筋肉痛になってきました。
これも今更。