読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年11月を振り返る。

f:id:KamikiYuki:20160907021101j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
とうとう12月になりました。
このブログ1周年まであと2ヶ月?結構あっという間ですね。

前回の報告  




 

 

 

11月って観たいの少ないかな、と思いつつ
実際5本映画観てるんですね。
この世界の片隅には予定になかったので良い掘り出し物でした。

11月のPV数は2397(前月比+36%)

ほぼ邦画でした。
この月はちょっと面白い展開なので見てみましょう。
PVランキング的にもそうだけど別の視点から見たら興味深い。

あとゲームレビュー書くとか言っておきつつすっかり忘れた人。
ペルソナ5は語りたかったんだけど。

3位 

86PV

アニメ作品は食い込んでくるくる!
この作品自体、公開前はアニメ観ない層は君の名は。効果もありつつ
それでも単純にアニメ好きな人も含めて注目してなかったんですけど
クリエイター陣の注目度と公開後の評価で一気に知名度が増しました。
どちらも良い作品ですよ。
原作を読んでみましたが、ほぼ忠実に作られていることがありました。創意工夫して調理するシーンは読むとしんどいですけど映画だと倹約してるんだな、という状況が読み取れるので映画の方が見やすいかもしれません。

とにかく反戦ではなく戦時中のありのままと思える日常を描いた作品。
のんちゃんの代表作と言えるものになりました。

2位

133PV

振り返れば振り返るほど押井守がやりたかったことをやった。
半数以上が十二分まで楽しめたかは分からない作品です。
アバターより先にあったら革新的映画だったと言える。
正直ぼくはちゃんと理解して楽しめたかというと自信ありません。

なぜこんなにもPV数を獲得できたのでしょう。
と思ったらBD/DVDが発売間近のようです。おそらく購入の参考にということでしょうか。

1位

313PV

検索トラフィック的に多かっただけかと落胆してしまうトップ。
本編であるFF15の発売を前に、配信を観てたりと色々な効果の結果なんですが、平均滞在時間短いのであまり読んでもらってはいないみたいですね。
何よりウチの読者の反応はあまりよくないみたいですね、星的に。

こちらはスクウェアエニックスより発売されたFF15の対の物語と題しています。
実際のところほぼ前日譚みたいなもので、主人公たちは登場せず、
父親のレギス王や直属の王の剣の兵士達を中心とした王国側の物語。
ゲームの体験版JUDGEMENT DISCをプレイされた人向けに説明すると、体験できる間にルシス王国で何があったかを描いた作品です。
映画観た後プレイを始めるとレギス王や側近、将軍たちを見て色々思うところがありますね。

 

まとめ

検索トラフィック的にはどんな話題の映画よりも
ゲームの検索数の絶対値が高いことを表したPVランキングとなりました。
ここに続くのが上半期映画ランキングを特集したヒデチューだったり
SCHOOP!だったりするので検索ワードはでかいですねー

ガルム・ウォーズは年間PVとかで計算するとトップじゃないかな。
結構上位にいるんですよ。
これは実写版攻殻機動隊も記事にしないといけないかな!?