読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月注目の映画を紹介してみるよ、と

映画

f:id:KamikiYuki:20160128021354j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。 
クリスマスはどう過ごされましたか?
ぼくは彼女のいない野郎どもと傷のなめあいをしていました。
客観的にはそうですが、クリスマスにカップルがいt(ry

関連記事 

 





 

 

 

12月は3本観てきました。
結局これだけになってしまった、そしてやっぱりローグ・ワン
もう一度観に行きたいんですけど行く時間ないな...。
ドント・ブリーズは広島でやってなかったみたいですね、残念。
あー残念だなー(棒

 

では、1月の注目タイトルを紹介していきましょう。

 

アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男 1/7(土)公開

1950年代後半のフランクフルト、検事長フリッツ・バウアー(ブルクハルト・クラウスナー)は、ナチスによる戦争犯罪の告発に奔走していたが、捜査は難航していた。ある日、ホロコーストに深く関わった親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する情報を入手。バウアーは、ナチス残党がいるドイツの捜査機関ではなく、イスラエルの諜報(ちょうほう)機関モサドに情報提供しアイヒマンを追い詰める。

- シネマトゥデイ -

今年ヒトラーやナチス関係の映画結構観てるのでいっそ...といった感じ。
問題は広島ではやってなかった!
なんだよ、最寄りが出雲(島根)ってどういうことだ!

沈黙ーサイレンスー 1/21(土)公開

江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。

- シネマトゥデイ -

何かと話題になってる本作。
ウルフ・オブ・ウォールストリートのマーティン・スコセッシ監督が
遠藤周作の沈黙を映画化。
アンドリュー・ガーフィールドや窪塚洋介が出演。

『沈黙-サイレンス-』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

ドクター・ストレンジ 1/27(金)公開

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

- シネマトゥデイ -

はい、1月の大本命。
マーベルベネディクト・カンバーバッチなら観るしかない。
世界が流転しているような描写はインセプションの夢の中みたいだし、かなり映像表現にも期待が持てる本作です。次も出演予定のインフィニティ・ウォーとなるとクレジットの続きも気になるところですし、スタン・リーのカメオも楽しみ。

キセキーあの日のソビトー 1/28(土)公開

厳格な父の反対を押し切って音楽の道に進んだジン(松坂桃李)だったが、なかなか思うようにいかない。あるとき、父の期待に応え歯科医を目指していた弟のヒデ(菅田将暉)と仲間に音楽の才能があることに気付き、彼らに自分の夢を託す。そして、歯科医を目指しつつ音楽も諦めたくないということを父に言い出せない兄弟は、顔を出さずにCDデビューしようと考える。

- シネマトゥデイ -

GReeeeN自体にどこまで興味はなかったけど
実際覆面グループで歯医者やってるという話は聞いてたし
予告編観てたら気になったし。

『キセキ ーあの日のソビトー』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)

 

 

んー少ないな。
ひねり出してもこのくらいです。
予告編観て気になったら増えるんだけど。

まぁ個人的にもスキーシーズンなのでそっちがメインかも。
いやー長野とかで滑りたい。
疾風ロンドの冒頭みたいな滑り決めたい。 

あとこちらの映画が広島でも公開されるので楽しみにしてます。

湯を沸かすほどの熱い愛 1/7土)公開(広島県)

1年前、あるじの一浩(オダギリジョー)が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉(宮沢りえ)と安澄(杉咲花)母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

- シネマトゥデイ -

やっと広島でも公開するので楽しみです。
こちらは劇場に観に行きますとも。