読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月注目の映画を紹介してみるよ、と

f:id:KamikiYuki:20160128021354j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。 
すでに11月も2週目に突入していました。
今月は初週に映画観に行かなかったから放置気味だったね、いけない。

関連記事 


 

 

 

10月は5本の邦画を観てきました。
洋画も観たいのあったけど大抵続編ものなので前作を観たいんですよね。

 

では、今月の注目タイトルを紹介していきましょう。

 

ミュージアム 11/12(土)公開

現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。

- シネマトゥデイ -

マンガ原作ですが未読、でも予告編から結構楽しみで。
カエル男のキャストが伏せられているあたり分かってるな、という感じですね。
と思ったら公開されていました、妻夫木聡
映倫マークが危険と表記しているな...

こちらではミュージアムスピンオフとして
カエル男の殺人ドラマが展開されているようです。

http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/spinoff/

公式サイトではスマホのアプリでかざして見ると
雨が降るAR演出が実装されているようです。

ガール・オン・ザ・トレイン 11/18(金)公開

夫トム(ジャスティン・セロー)と離婚し、深い悲しみに沈むレイチェル(エミリー・ブラント)。そんな彼女を慰めるのが、かつてトムと暮らしていた家の近所に住む夫婦の仲むつまじい姿だった。通勤電車の窓から二人を眺めてはトムと過ごした日々を思い出す彼女だったが、その夫婦の妻が不倫にふけっている現場を目撃する。次の日、電車を降りて彼らの様子を確かめようとするが、不意に記憶を失ってしまう。やがて自分の部屋で大けがを負った状態で目を覚ましたレイチェルは、その人妻が死体で発見されたのを知るが……。

- シネマトゥデイ -

エミリー・ブラント主演。
ゴーン・ガールにはまった人はいける、とどこかで言われたので気になってる。
予告編観る限りでも謎と恐怖の孕んだ作品と思われます。
ヤフーの評価で既に低評価ついてたけど気にしない

聖の青春 11/19(土)公開

幼少期から難病を患う村山聖は、入退院を繰り返す中で将棋と出会い、15歳で森信雄に師事する。10年後、名人になる夢をかなえるべく上京した聖(松山ケンイチ)は周囲に支えられながら将棋に全力を注ぎ、七段に昇段したころ、同世代で名人のタイトルを獲得した羽生善治に激しいライバル心を抱く。さらに将棋に没頭する聖だったが、がんが彼の体をむしばんでおり……。

- シネマトゥデイ -

正直将棋は分からないのですが
3月のライオンも漫画アニメ共に楽しんでるし、神木隆之介主演の実写も楽しみにしてます。
実際の棋士をモデルにデザインされたキャラクターが多いんです。
二海堂のモデルはこの村山聖といわれていて、体型や病弱な設定は反映されています。
村山聖を松山ケンイチ、生ける伝説とも言われる羽生義治を東出昌大(気付かなかった)

機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜 11/19(土)公開

自ら扇動して起こした「暁の蜂起」後に地球へと向かったシャア・アズナブルは、不思議な力を備えた少女ララァ・スンと出会う。一方、RX-78開発計画を進めようとするアムロ・レイの父テム・レイは、月に亡命したジオンのモビルスーツ開発の鍵を握るミノフスキー博士を追い掛ける。そして月面では、人類史上かつてないモビルスーツの決戦が行われようとしていた。

- シネマトゥデイ -

シャア・セイラ編最終章
1章でも少し触れたシャア・アズナブルが赤い彗星と呼ばれるようになったルウム戦役
今回のタイトルはその前夜を指していると思われます。
広島では上映していないのでまた配信かなー
ちなみにTHE ORIGINは今後もあるみたい。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 11/23(水)公開

 

ハリーポッターシリーズ最新作。
時系列ではハリーが生まれるより前の物語で(本編1巻より70年前)
本編に登場した幻の動物とその生息地という書物の著者が主人公。
当初3部作予定でしたが5部作という大作になりました。
原作者JK・ローリングが映画オリジナルに脚本を手がけています。
なので原作から映画へのそぎ落としもないので安心して観れそう。

予告編からはスキャマンダーという生物学者が一騒動起こしたのちに、人間界と魔法界の抗争に発展するような展開が見られます。
スキャマンダーも結構主人公らしい行動を見せてくれそうなので期待。

なお、最近ではハリーポッターと死の秘宝が4DXで公開されました。

疾風ロンド 11/26(土)公開

大学の研究施設の違法生物兵器「K-55」が盗難に遭い、さらに国民を人質に身代金3億円を用意するよう脅迫メールが届く。残された時間は4日間、主任研究員の栗林和幸(阿部寛)はひそかに兵器を探索するという任務を依頼されるも、手掛かりはゼロ。そんな折、犯人死亡というまさかの事態にぼうぜんとしながらも大惨事を回避すべく、犯人の遺品をヒントに国内屈指の規模を誇るスキー場へと向かう。

- シネマトゥデイ -

ガリレオでおなじみの東野圭吾原作のスキー場シリーズ
映画化された作品の中ではコミカルな内容な気がします。
同原作者の新参者でも主演していた阿部寛がこちらでも主演をつとめます。

 

 

以上11月はそこまで観たいと思ってたタイトルはなかったな...
12月のローグ・ワンが楽しみで仕方ないので。
あと1月のドクターストレンジな(アメリカでは12月公開)

先月みたいに箇条書きで書くほど気になってるタイトルも少ないのでこの辺で。
この間に積みゲーや見損ねた映画・ドラマを観ましょうかね。

 

 

実質6本紹介しましたが、このウチ4,5本だろうな。
ソーセージ・パーティーぼくのおじさんとか気になるタイトルはあったんだけどモチベーションに繋がらないんだな今月は。
やっとこさシビルウォーをレンタルしたので吹き替え版で観てみよう。
アイアンマン(藤原啓治)キャプテン・アメリカ(中村悠一)でのやりとりを聞きたいんだよな、ぼくは。次のアベンジャーズまでには藤原さん復帰出来るといいなぁ。 

 

ミュージアムの紹介でもありましたが
プロモーションから見る映画を語るのも面白そうですね。
パンフレットの力の入れ方も映画それぞれなので考えてみよう。