読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年劇場で観た映画タイトルベスト3[実写編]

今週は映画劇場に観に行かないのでこれやります。

劇場で観た映画ベスト3!!

今回は実写編です。
というのは振りかえるときに思ったのです。

ランキングにするにはむずかしいぞ、このノミネート!

というわけで実写版とアニメ版で分けることにしました。
いずれは実写版も邦画と洋画で分けるかも。

昨年何を観たんですか?という人はこちらの記事
計18作品観てます、実写9本アニメ9本

では、3位から順に行きます。
途中まで1位から順にやってた、それはもったいない順番だわ。

 

 

3位 ターミネーター 新起動

ジェニシスは今までのターミーネーターシリーズとはまた違う時間軸です。
見せ所はシュワちゃん復活で中年のT-800と1作目の青年のT-800の登場
液状ターミネーターT-1000も登場してもうお祭。
更に2において主人公ジョン・コナーはそうなってるんですか!?
エンタメ要素が強くてストーリーはあまり響かなかったかな。
いや、このあとにバケモノの子観たからいけないんだ。

しかしターミネーター4って邦題ではそうだけど別に続編でもなんでもないんですね。
...ぼくまだ観れてないけど。

 

2位 ジュラシックワールド

楽曲を聴くだけでこの世界に帰ってきた!て気分になれる本作。
もうね、曲がいいんですよ!
初代ジュラシックパークのオマージュとも思えるシーン
実際のジュラシックパークの登場など嬉しいシーン
気になるのはここまでくるとネタは遺伝子掛け合わせるしかないんだよね、ていう
でもやっぱり最後はこいつが締めてくると思うとやっぱりいい。

ジュラシックパークとしての科学技術の進歩、
変わらず恐竜との遭遇には冷や汗の出る恐怖感を感じる作品。

 

 

1位 スターウォーズ episode7 フォースの覚醒

やはりこれ。
映像も音楽も演出も文句ありません。

語られない設定や描写もありますが、
ここはスターウォーズファンなら補完する部分ですね。
全体的に良かったけど、見せ場がどこだったのか。
やりたいこと多すぎて詰め込みました、みたいな部分も感じます。
でも、冒頭で帰ってきた!と思って泣きましたね。
泣くところでもなんでもないんですけど。

まだ上映しているところはあると思うのでぜひ

意図せずとも昔ながらの名作のリブート、続編となりました。
邦画はドラマの延長系が多かったからかな。

次回はアニメ編やります。
お楽しみに。