読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年5月注目の映画を紹介してみるよ、と

f:id:KamikiYuki:20160128021354j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。 
これを書く頃は1ヶ月早かったなーとか毎回思うわけで。
毎月同じ事を書くわけにもいかんな。

関連記事    








 





 

 

 

4月は7本の映画を観てきました。
キングコングは正確には3月の公開ですが4月に観たのでカウント。
昨年は週1本でも多いと思っていましたがどんどん本数増えていくなぁ。

 

では、5月の注目タイトルを紹介していきましょう。
ゴールデンウィーク(GW)自体は映画界の多数の動員と活性化を目的に
当時の大映常務取締役の松山英夫によって作成された宣伝用語。
5月の映画となってはもうGWも終わりに差し掛かってるので
むしろ4月の注目タイトルを見てみてください。 
3,4月は豊作なので、ホント。

2017年4月注目の映画を紹介してみるよ、と - 好きなことが活きていく | 映画やドラマの感想、好きなことを活かす為の備忘録


 

 

 

カフェ・ソサエティ 5/5(金)公開

1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、刺激にあふれた人生を送りたいと願いハリウッドに向かう。そして彼は、映画業界のエージェントとして大成功を収めた叔父フィルのもとで働く。やがてボビーは、叔父の秘書を務める美女ヴォニー(クリステン・スチュワート)のとりこになる。ひょんなことから彼女と距離を縮められて有頂天になり、結婚まで考えるようになるボビー。しかし、彼女にはひそかに付き合っている男性がいて……。

- シネマトゥデイ -

予告編で気になった作品。
ハリウッドでの刺激的生活に憧れた青年が2人の女性の間をいったりきたりしながら虚実溢れたハリウッドを浮き彫りにしていくという作品。
バットマンVSスーパーマン以来ジェシー・アイゼンバーグに注目しているぼくとしては気になっている作品ですね。
広島の公開は5/13(土)からになってるのでタイミング合えば行きたい。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 5/12(金)公開

ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。

- シネマトゥデイ -

マーベルシネマティックユニバース作品でダントツでユニークな作品。
帰ってきたよ!とうとうピーターの父親が出てくるっぽいので気になる。 
もちろん小さくなってしまったベビーグルート、正確には以前のグルートとは違う存在らしいですが、小さくなったことで一目で分かるかわいさになってしまった。

今度はサノスとか登場するのか注目したい

パーソナル・ショッパー 5/12(金)公開

パリで、多忙な人々の買い物を代行するパーソナル・ショッパーとして働くモウリーン(クリステン・スチュワート)は、数か月前に双子の兄を亡くし悲しみに暮れていた。そんな折、携帯電話におかしなメッセージが届き、さらに不可解な出来事が発生し……。

- シネマトゥデイ -

予告編に気になった作品。
これはミステリーものなのか...?
予告編のどうなるんだろう感だけで観に行きたい。
もう前情報なくてもいけそう。

メッセージ 5/19(金)公開

巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。

- シネマトゥデイ -

きましたよばかうけ
いや、どうみてもばかうけ。
とはいえ多くの映画監督が絶賛しているので楽しみです。
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督といえば、複製された男プリズナーズなども監督しているのでぼくとしても楽しみです。

夜明け告げるルーのうた 5/19(金)公開

両親が離婚して東京から寂れた港町・日無町に越してきた中学生の少年カイは、父親と祖父の三人で暮らしている。両親に対する複雑な思いを胸に日々を過ごす彼にとって、自ら作曲した音楽をインターネットにアップロードすることが唯一の楽しみだった。そんな中、人魚の少女ルーと出会い交流を深めていくうちに、カイは少しずつ周囲に心を開いていくが……。

- シネマトゥデイ -

夜は短し歩けよ乙女湯浅監督最新作
色んなファクターがイマドキ感。
正直いうと絵柄からは観たい意欲はなかったんですけどイマドキ感の設定とそれに反して都会から田舎感のギャップは興味を得るところであります。

BLAME! 5/20(土)公開

ネット文明が極度に発達した世界。巨大な階層都市は増殖し続け、人類は防衛システム“セーフガード”に駆除・抹殺される存在になっていた。“電基漁師”の村人たちを救うべく、食糧を求めて旅に出た少女・づるだったが監視塔に見つかり、仲間を殺されてしまう。逃げる手段を失い追い込まれたづるの前に現れたのは、探索者の霧亥だった。

- シネマトゥデイ -

シドニアの騎士原作の弐瓶勉と同作アニメ監督の瀬下寛之
ポリゴンピクチュアズが組んだ劇場アニメ作品。
原作はシドニアの騎士以前の作品ですが世界で映像化を望まれていた作品です。
シドニアの騎士のSF設定に驚かされたのでその前の作品であるこちらにも期待。

美しい星 5/26(金)公開

予報が当たらないと話題の気象予報士・重一郎(リリー・フランキー)は、さほど不満もなく日々適当に過ごしていた。ある日、空飛ぶ円盤と遭遇した彼は、自分は火星人で人類を救う使命があると突然覚醒する。一方、息子の一雄(亀梨和也)は水星人、娘の暁子(橋本愛)は金星人として目覚め、それぞれの方法で世界を救おうと使命感に燃えるが、妻の伊余子(中嶋朋子)だけは覚醒せず地球人のままで……。

- シネマトゥデイ -

三島由紀夫の原作を実写化。
リリー・フランキー主演に個人的には地味に推している橋本愛が出演するなんとなく電波的な内容ですけど見つけて面白そうだったのでピックアップしました。
謎の男を佐々木蔵之介というミステリアスなキャラクターなのも珍しいところでは?

ちょっと今から仕事やめてくる 5/27(土)公開

激務により心も体も疲れ果ててしまった青山隆(工藤阿須加)は、意識を失い電車にはねられそうになったところをヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男に助けられる。幼なじみだという彼に心当たりのない隆だが、ヤマモトに出会ってから仕事は順調にいき明るさも戻ってきた。ある日隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたことを知り……。

- シネマトゥデイ -

名前は知っていたけど...まぁ予告で気になった作品。
普通にサラリーマン経験していたら誰しも思うんじゃないですか?
ぼくは思ってましたよ、ホント。
日常だけどちょっとSFっぽい物語にはそれとなくいる福士蒼汰
主演は工藤阿須加ですが。
そして吉田鋼太郎の演じる役はやっぱり嫌なやつだな(褒め言葉 

 

 

ピックアップしたのは以上ですが、
上映前の予告編から次々気になるのは増えています。
とはいえ、レビュー書けないのまで必死に観に行く必要はないかな。
ここ数ヶ月観る本数増えてたので少し絞るかもしれませんね。

GWも残すところ少しですが最後の週末に先月レビューした作品も
ご覧になってください、美女と野獣はよく出来てました。
レビューアップ忘れてたので早めにあげます。