読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくも4月注目の映画を紹介してみるよ、と。

f:id:KamikiYuki:20160128021354j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
4月まであと2日しかないのですね。
年度末年度初めは忙しい...気がします。

そんな4月ですがGWも目前なので観たいタイトルはありますね。
今回はぼくが劇場に足を運ぶ、であろうタイトルあげていきます。

関連記事 

 

 

そういえば4月までと書いて注目映画タイトル書いてますね。
まぁこの頃はまだ決まってなかったのもあるので。

観る予定+気になってるタイトル

LOVE【3D】4/1(金)公開

年若い妻オミ(クララ・クリスタン)とベッドに横たわっていたマーフィー(カール・グルスマン)は、1月1日の早朝に電話の音で起こされる。メッセージを聞くと、かつての恋人エレクトラ(アオミ・ムヨック)の母親の切実な伝言が残っていた。彼女は音信が途絶えた娘の行方を心配しており……。

- シネマトゥデイ -

はい早速観ないタイトルあげちゃった。
というか近所でやんないと思うのですよ。
ある種、注目のタイトルです。
R18タイトルなので予告編リンクは貼らないです。

ROOM/ルーム 4/8(金)公開 

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

- シネマトゥデイ -

こちらはオンライン試写会のレビューがあります。 

スポットライト 世紀のスクープ 4/15(金)公開 

2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。

- シネマトゥデイ -

既にアカデミー賞作品賞で話題となっている本作。
実話ベースは基本重いし、映画としてテンポ悪い可能性あるけどアカデミー賞入ったんだから十分期待ですよ!

グランドフィナーレ 4/16(土)公開

80歳になり現役を退いたイギリス人作曲家フレッド(マイケル・ケイン)は、親友の映画監督ミック(ハーヴェイ・カイテル)と共にアルプスの高級ホテルで休暇を満喫していた。ある日、エリザベス女王の使者という男が彼を訪ね、フレッドの代表作を女王のために演奏してほしいと依頼する。ある理由からそれを断ったフレッドだったが、ホテルの滞在客との交流を通し心境に変化が起き……。

- シネマトゥデイ -

こちらはオンライン試写会に応募してるのでそちらが当たれば鑑賞予定。
紹介されたので非常に気になってはいます。
最終的に劇中でオケ聴けるなら演出含めて楽しみ。

レヴェナント:蘇えりし者 4/22(金)公開

アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひんし)の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。

- シネマトゥデイ -

レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受賞した本作。
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督という期待もありますね。
坂本龍一が音楽を担当しているのも注目です。
小島秀夫監督もいいって言ったしね。

劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS 4/23(土)公開

千年パズルを完成させた武藤遊戯は“闇遊戯”というもう一人の人格を呼び覚ます。決闘者(デュエリスト)の頂点に立つ海馬瀬人やほかの仲間たちと死闘を繰り広げ、さらには闇遊戯との闘いの後、遊戯と闇遊戯は決別した。ある日、普段通りの生活を取り戻したかに思えた遊戯たちの前に、謎の少年“藍神”が出現する。そして世界中で失踪事件が発生し、そんな状況で海馬は……。

- シネマトゥデイ -

先日バットマンvsスーパーマンを一緒に観た連れが何度か観るというので
便乗しようかな、と。
製作総指揮が原作者って最近流行ってるんですかね。
まぁそのどれもが成功してますしね。
原作及びアニメのあとの物語ということもあり、最後まで読んでない観てないぼくはまず復習したいと思います。
よくよく思い出すと遊戯役ってジャニーズの風間俊介君なんですよね。
声優としては随分成長しました...ぼくより年上なんですけどね。

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち 4/23(土)公開

1961年、ホロコーストに関与し、数多くのユダヤ人を強制収容所に送り込んだ元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判が行われることになった。テレビプロデューサーのミルトン・フルックマン(マーティン・フリーマン)と、撮影監督レオ・フルヴィッツ(アンソニー・ラパリア)はこのニュースに関心を持つ。彼らは裁判の模様を放映しようと意気込み……。

- シネマトゥデイ -

これはちょっと気になったタイトル
SHERLOCK/シャーロックやホビットのマーティン・フリーマン主演
というあたりも引っかかったポイント。
機会があれば積極的に観に行きたい。

スキャナー 記憶のカケラをよむ男 4/29(金)公開

残留思念を読み取ることができる仙石和彦(野村萬斎)は、かつてその能力を生かしてお笑いコンビ「マイティーズ」で注目を浴びたが、能力を消耗してしまいコンビを解散、世間から隠れるように暮らしていた。そんな折、元相方マイティ丸山(宮迫博之)の所属事務所を訪れた女子高生が行方不明者の捜索を依頼したことから、仙石と丸山は10年ぶりに再会するが……。

- シネマトゥデイ -

平成ガメラやデスノートの金子修介監督作品
更に狂言師の野村萬斎主演、俳優としても評価の高い宮迫博之が共演の本作。
これも気になっているので観に行きたいところ。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 4/29(金)公開

アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼(しんかん)させるテロ事件が起きてしまう。

- シネマトゥデイ -

しかしこれがブッキングしているのだ!
アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンの続編というべき本作
バットマンとスーパーマンの対立のように、キャプテン・アメリカとアイアンマンが対立し、他のメンバーも各々の陣営につく。
前作との間に公開されたアントマンも合流、更にはスパイダーマンも新たに加わる非常に楽しみな作品です。

しかしキャプテン・アメリカと題しながら2作目のウィンターソルジャー以降はアベンジャーズだよね、そうだよね。

 

こんなところで許してやろう

記事書いてる今非常に眠いしね。
意外と少ないかな、と思ったら結構ありました。
全部が全部劇場で観れるかわからんけども...

前回の紹介記事の時以上に劇場に足を運ぶことが増えています。
記事を書くことを目的とした鑑賞にだけはしたくないですね。