読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月注目の映画を紹介してみるよ、と

映画 雑記

f:id:KamikiYuki:20160128021354j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
7月もあっという間でした、それしか言えない。
ここの読者は20代ていうか社会人の方が多そうですよね。
夏休み入ったと思うけどどう?なんて野暮ですね。

関連記事 

 

 

 

 

 

さて、8月は9本とりあげてみました。
全部が全部観れるわけではありませんが、気になったからには
出来るだけ鑑賞したいと思います。 

観る予定+気になってるタイトル

ニュースの真相 8/5(金)公開

アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領が再選を目指していた2004年、放送局CBSのプロデューサー、メアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)はダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)が司会を務める報道番組で、ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑をスクープする。それはアメリカで大反響を呼ぶが、後に証拠は偽造されたものだとブロガーが指摘したことから、メアリーやダンら番組スタッフは世間から猛烈な批判を浴び……。

- シネマトゥデイ - 

実際に起こったブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑の真偽を問いた作品。
スポットライトを観たあとなので同じ毛色だからこそ気になる1本。
本気で何かをしようとする人間の生き様って泣きどころじゃなくても泣いちゃうよね。

ミニシアター系ながら公開日に合わせて広島でもやってくれるので観に行こうかな。

 

秘密 THE TOP SECRET 8/6(土)公開

死者の脳をスキャンし、生前の記憶を映像化するMRIスキャナーが開発される。同システムを導入した第九こと科学警察研究所法医第九研究室が組織され、室長・薪剛(生田斗真)の指揮のもとでさまざまな難事件が捜査されることに。第九に配属されたばかりの青木(岡田将生)をはじめとする捜査官たちは、家族を殺害し死刑を執行された男の脳をスキャニング。事件発生時から行方不明になっている、彼の娘・絹子がナイフを手にした姿を捉えた映像を目にした彼らは……。

- シネマトゥデイ -

るろうに剣心の大友啓史が監督。
メインキャストに生田斗真岡田将生が演じる。
月の子 MOON CHILDの清水玲子が描くミステリーコミックを映画化。
予告からして雰囲気良く演出されていますね。

 

ハイライズ 8/6(土)公開

著名な建築家ロイヤル(ジェレミー・アイアンズ)が設計を手掛けた高層マンション群、ハイ・ライズがロンドン近郊に完成。豪華な内装が施され、スーパー、プール、学校、レストラン、医療施設なども完備したそのマンションに、医師のラング(トム・ヒドルストン)が入居してくる。毎晩のように隣人たちの開くパーティーに参加するうちに、彼は低層階と高層階の住民の間で階級をめぐるあつれきが起きているのを知る。ある日、停電を機にハイ・ライズの内部はすさまじい混乱に見舞われ……。

- シネマトゥデイ -

J・K・バラードの小説ハイ-ライズを映画化。
MCU(マーベルし舐めティックユニバース)
大人気のヴィラン、ロキを演じるトム・ヒドルストン主演
高層マンションの階層カーストを描く。
なお、我が広島では1ヶ月遅れの9月公開だそうです、非常に残念。

ペット 8/11(木)公開

犬のマックスは、ニューヨークで大好きな飼い主のケイティと最高のハッピーライフを送っていた。ところが、ケイティが大型犬デュークを新たに連れてきたことから、マックスの生活環境はガラリと変化する。マックスとデュークが何とか自分が優位に立とうと頑張っていたある日、ひょんなことから彼らは迷子になってしまい……。

- シネマトゥデイ -

ピクサー最新作。
結構前から劇場で予告編がされていますね。
主人のいない間にペットたちは何をしているのか、
主人公の犬なんか入り口でずっと主人待ってたり、ネコは冷蔵庫のものを食べていたり
なんといってもデスメタルを聴き出す犬なんて十分なインパクトじゃないですか。
内容的トイ・ストーリーじゃないですか、これ?

ちなみにミニオンズの短編も同時上映

 

X-MEN:アポカリプス 8/11(木)公開

1983年。文明が誕生する前から神として君臨していた、ミュータントの始祖でもあるアポカリプス(オスカー・アイザック)が、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートー(マイケル・ファスベンダー)など、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)は、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らと共にその行動の阻止に挑むが……。

- シネマトゥデイ - 

デップーを観てからというもの、
X-MENシリーズを1作目から追っています。とりあえず、1,2,ウルヴァリンと観た。
現時点では世界線の違うとしか知らないんだな...
たぶん、MCU(マーベルシネマティックユニバース)に絡めるとよりややこしい。

ちなみにMCUに登場するクイックシルバーとは異なり、
原作通りマグニートーの子どもとして登場。
そうだ、母さんとやってだ。

 

ジャングル・ブック 8/11(木)公開

モーグリは、生まれて間もなくジャングルに取り残されてしまう。黒ヒョウのバギーラから母オオカミのラクシャに託された彼は、愛情に包まれながら自然の厳しさと生き抜くための知恵と術を学んでいく。やがて少年となって動物たちと幸せな日々を過ごしていたモーグリ(ニール・セティ)は、人間に恨みを抱くトラのシア・カーンと出会う。シア・カーンから人間である自分の存在が、ジャングルやそこに住む動物たちの脅威になると言われ……。

-シネマトゥデイ  -

アイアンマンジョン・ファブローがメガホンをとった作品。
って、これ実写なんだな!すげーなぁ...
ジョン・ファブローといえば、アイアンマンシリーズを降りてまで好きな作品を作ろうした人。本人主演のこちらの作品はマジで最高でした。

そんな彼の作品なので気になりますねー

 

ストリート・オーケストラ 8/13(土)公開

バイオリニストのラエルチ(ラザロ・ハーモス)はサンパウロ交響楽団の最終審査に落ちてしまい、仕送りや家賃のためにスラム街の学校でバイオリンを教えることにする。しかし教室は屋根もなく、生徒は意欲的なサムエル(カイケ・ジェズース)を除いて問題児ばかり。ある日、ギャングに脅されたラエルチが見事な演奏で彼らを黙らせたことから、生徒たちも音楽の力を実感し、熱心に取り組むようになるが……。

- シネマトゥデイ -

タイトル観ただけで気になった作品。
これも実話なんですね、音楽で国を変えるってすごいな。

 

君の名は 8/26(金)公開

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

シネマトゥデイ

新海誠監督作品。
今を輝く神木隆之介と、上白石萌音が主演で声をあてる。
秒速5センチメートルから見始めましたが、映像美という要素からなので
設定やストーリーは二の次。といいつつ男の子にとっては妄想レベルの理想。
星を追う子どもはジブリじゃん、といいつつ
言の葉の庭は記号的に観ていたはずのぼくでさえ
足フェチに目覚めさせたんだから進化してますよ。
本作は現実の中にある一つのファンタジー要素が世界系にまで持って来てる感。
実はこの映像美はこういう手法使ってます、という紹介がこの本にあったりする。

 

あ、これもう売ってないじゃん。

 

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 8/27(土)公開

第2次世界大戦の最中、カリフォルニア州の漁村で暮らす8歳の少年ペッパー(ジェイコブ・サルヴァッティ)は、村で一番背が低いことから周囲に“リトル・ボーイ”と言われていた。そんなペッパーは、父親ジェイムズ(マイケル・ラパポート)のようになりたいと思っていた。ある日、扁平足で入隊できない兄(デヴィッド・ヘンリー)に代わり父が徴兵されてしまい……。

- シネマトゥデイ -

一覧を見て気になった作品の一つ。
戦争にいってしまった父親が無事帰ってくる事を願い、
ある日本人と共に神のリストにある項目を実行していく、
ある種、少年の小さな戦争とも示唆しているような作品。

予告にもありましたが、
広島に落とされた原子爆弾リトルボーイとかけてるあたり
何かと気になる作品になってきました。
ミニシアター系っぽいけど上映日に広島でもやってくれるかしら。

 

 

 

以上9本でした。
8月には広島では帰ってきたヒトラーが公開されるはずなので観にいきます。

これ絶賛なんだよな。
気付けばディスク化されてました、はありえるけどさ。