読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米ソのスパイが共闘する「コードネームU.N.C.L.E.」をやっと観た。

映画 映画-洋画 レビュー

f:id:KamikiYuki:20160518024749j:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
ずっと気になっていたスパイ映画やっと観ました。
ずっとDISCASで借りっ放しで放置してた...
「コードネームU.N.C.L.E.」をやっと観たのでご紹介します。

関連記事 


 

 

 

東西冷戦の最中の1960年代前半。CIAエージェントのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とKGBエージェントのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)は核兵器拡散をたくらむ謎多き国際犯罪組織を制圧するために、長年の政治的対立を超えて手を組むことに。思考や方法論も真逆の二人は、組織につながる手掛かりである行方をくらました科学者の娘を守り、核兵器の大量生産を阻止すべく奔走する。

- シネマトゥデイ -

アメリカとソ連がスパイを通じて共闘

本作は1960年代に放送された、0011ナポレオン・ソロのリメイク。
そんなのぼく世代にゃ分かりませんが、人気シリーズだったようです。
日本でも放送されて人気だったみたいですね。

スナッチシャーロックホームズガイ・リッチーが監督

本作はアメリカで保護されていた科学者が失踪、追跡する為に東西に分断された東ベルリンにいる娘をCIAナポレオン・ソロが保護に来るところから始まります。
そこにソ連 KGBイリヤ・クリヤキンが登場、娘を奪いに来ます。
ソロはなんとか出し抜き、娘を西に連れ出します。
しかし、後日ソロイリヤと再会。
彼らは科学者の研究が犯罪組織に奪われるのを阻止するため、米ソで協力することになります。冷戦で長年対立していた2強秘密裏に手を組むことになるのです。

ヘンリー・カヴィルプレイボーイになってる
こっちでは自分の力にビクビクしてたのに...

手癖の悪いソロと怪力のクリヤキン

CIAエージェントのナポレオン・ソロ
彼は元陸軍。しかし窃盗や様々なスキルを身につけて投獄
その技術を買われて減刑を条件にCIAのエージェントになります。
実は本職とは別に収入源があるようです。
プレイボーイっていうか女性に弱い

KGBエージェントのイリヤ・クリヤキン
彼は最年少でKGBに合格したエリート
几帳面で何事にも真摯に取り組むが、短気

という感じの相性悪そうなコンビが繰り広げるスパイアクション。
007シリーズよりはコミカルな要素もあれ、キングスマンほどふざけてもいない。
スパイキッズみたいにぶっとんでもいn(ry

アクションの合間のコミカルさは楽しめた

感想としては007キングスマンの中間みたいな位置づけ。
しかし、米ソそれぞれのスパイグッズの自慢大会とか、各国で技術の進み方が違うのは面白い。アメリカに限ってはソロの解錠技術と話術だった気もしないでもない。
とはいえ、他のスパイ映画と違い派手なスパイツールはないです。
そういう意味ではリアルですね。

終盤のどんでん返しは予想通りな感じもあるものの、
ちょっと楽しみな感じも受けた。
それ以上にソロが女性を誘わないか期待しt...

もちろんアクションはスパイさながら華麗なシーンもあればただケンカしているようなシーンもあってちょっと泥臭くて良かった。
カーチェイスもスタイリッシュ!メイキング観たらなかなか面白い手法で撮ってました。まさか運転手があんなところにいるなんて...
007シリーズ、キングスマンシリーズに続いて新たなスパイ映画として続いて欲しい作品でした。

とにかく次回作も期待出来るかのようなラストだったので期待したいです。
この映画、米ソの共闘がメインになっていますが実は...

 

ちなみにあるシーンにデビット・ベッカムカメオ出演しています。

 

 

コードネームU.N.C.L.E.を観るなら以下のサービスでも配信中 

動画を見るならU-NEXT