読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーベル・シネマティック・ユニバースは何から観たら良いのか振り返る。フェーズ1

映画 映画-洋画

f:id:KamikiYuki:20160419023414p:plain

カミキユキ(@KamikiYuki)です。
これまでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画群の
感想・レビューを振り返るように書いてきました。

 

MCUとはアメコミで知られるマーベルコミックのヒーローたちが
同じ世界観を共有する映画群です。
もちろんヒーロー単独でシリーズ化されていますが、
アベンジャーズのようにチームで立ち向かうものや、
他作品とのクロスオーバーのみられる部分が存在します。
MCUではフェーズという段階で分けられています。
今回フェーズ1のタイトルを紹介していきます。

フェーズ2はこちらで紹介しています。 

アイアンマン 

資産家でスターク社の社長、トニー・スタークアイアンマンとなるお話。
MCUの始まりであります。
主演のロバート・ダウニー・Jrは大のマーベルファン。 

インクレディブル・ハルク

第二弾、ハルクをリブート
エドワード・ノートンが演じるハルクことブルース・バナー
軍から逃げる話です。
なお、この作品のあとマーク・ラファロバトン交代してます。

アイアンマン2 

現代において最初のヒーローだけあり政府も危険視します。
しかし、アイアンマンも自身の身体の異変に気付き...
トニー・スタークも自分の寿命が短いことを悟り...

マイティ・ソー 

北欧の神、ソー。
日本人ならトールで通じる神様が神の世界を追い出されて地球にくる話。
日本神話でいうスサノオを今連想してしまったぜ。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 

これがホントの最初のヒーロー
時系列は一番昔になります、戦時中に生まれたヒーローの話
武器はシールドだけです、なんて原始的な...他のヒーローが特異すぎる。

アベンジャーズ

フェーズ1のラストを飾る集大成。
いままで登場したヒーローが集結します。
更に途中で登場した組織、シールドからブラック・ウィドーホークアイがアベンジャーズに入り、色々と大活躍してたと思う作品。

基本的に公開順に観て問題はありません。

時系列的には異なります。
しかし、公開順に観れば問題ないと思います。
クロスオーバー要素は基本後付けなので順に観て、
「ここで絡むのか」
とか考察して楽しめます。
今後は映像や小道具、セリフなどに
次の作品の要素が散りばめられていることがあります。
あ、アイアンマン2はキャプテン・アメリカの要素が出てますね。

ちなみにフェーズに含まれませんが、キャプテン・アメリカののちにはエージェント・カーターというドラマが進行します。これはキャプテン・アメリカに登場するシールドの前身、SSRのエージェント、ペギー・カーターを中心としたTVドラマ。
スティーブ・ロジャースとの悲恋ののち彼女がどうなったのか気になるところ。
ぼくはまだ視聴出来てないです。
また、アベンジャーズのあとの物語であるTVドラマ、エージェント・オブ・シールドもシーズン2まで展開中。映画でも登場したフィル・コールソン率いるチームが様々な超常現象や超人の対処を行っていくストーリー。
アベンジャーズを観た人は「どうしてフィル・コールソンが?」と思うでしょう。
気になった人はチェック!

以上フェーズ1のご紹介でした。
このあとアイアンマン3マイティ・ソー ダークワールドなどフェーズ2が展開。

 

 

間近に迫るシビルウォー キャプテン・アメリカ
フェーズ3の最初を飾るマーベル作品の中でも注目されるタイトル。
ブラックパンサーアントマン、そしてスパイダーマンも登場する、
シリーズ史上キャストの多い作品になることは間違いありません!
非常に楽しみ!!