読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FFXVを先取り体験出来るデモゲーム「PLUTINUM DEMO」をプレイしてみた。

f:id:KamikiYuki:20160407014936j:plain

ぼくはファイナルファンタジー零式を購入して先行体験版を持ってはいるので
ゲーム性は大体理解していました。

しかし大半の人はこのデモがはじめてのFF15体験のはずですよね。
更にはFF15を機にPS4やXbox Oneを買うという人も多いはず。
つまりはこのデモすらまだ体験出来ていない人がいるんじゃないか。
タイミングとしては遅めですがプレイレビューを書きました。

関連記事

 

このタイトルは本編の内容ではないと思います。

f:id:KamikiYuki:20160407014611j:plain

あくまで主人公ノクティスの夢の中で本編で出来る事を都合良く盛り込んだ作品です。
内容は夢の中でカーバンクルと出会い、その小さな案内役によって目覚める為のゴールを目指すというもの。
体験版は序盤の広いマップのメインストーリーを進めつつサブのものをクエスト形式で進めるのに対して様々なマップを細切れに移動して色んな体験をするのがこのデモで出来ること。

ノクトの夢の中へ

f:id:KamikiYuki:20160407015110j:plain

目覚めると目の前にカーバンクルがいます。
厳密にはこの時点でカーバンクルと明かされていないのですが、
どうみてもカーバンクル。
スマートフォンらしき端末を渡されてこれで会話というか言葉が分かるようです。
最初はどこかの原生林。むーたん(長いので愛称をつけた)のいうままについていきます。
この道中で黄色いクリスタルが落ちているので無意識に拾っていきます。
マップを隅まで見てくとひっそりあったりするので注意
道中にスイッチのようなものがありました。まず1つ目を踏むと...

f:id:KamikiYuki:20160407015006j:plain

巨人が現れました。体験版ではラムウが登場したのでおそらく召喚獣の1体でしょう。
タイタンだと思うけどイフリートの可能性は...ないか。
てか分かりづらいスクショ撮ってるんじゃないよ、自分

いや、こえーよその顔。

他にも時間が進んだり天気が変化するスイッチがありました。
これは意図的に変化を促してこの世界に時間や天気の変化があることを示していると思われます。
同じファブラ・ノヴァ・クリスタルスのFF13でも時間や天気の異なるマップはありましたが、リアルタイムに変化するものではなかったと思います。
FF15では体験版で既にランダムに変化することが確認出来ています。

f:id:KamikiYuki:20160407015204j:plain

ここで敵との戦闘です。ナイトメアというモンスター。
対するノクトはおもちゃの剣ピコペコハンマーを渡され迎え撃ちます。
攻撃方法はアクション。
十字キーに対応した部分に武器を装備して○ボタンで攻撃、□ボタンで防御(受け流し)
ある程度誘導が聞くのと防御は防御可能であれば自動で避けます。
長押しすることで連続でそのコマンドを繰り出すことが出来ます。
また十字キーに対応しているので長押し中に武器の切り替えが可能。
リアルタイムで切り替えられなかった体験版より使いやすくなっています。
ちなみにモンスターのデザインはFF5のモンスターをそのまま3Dモデルにしたようなイメージでした。
とFF5をプレイしていた友人が言っていました。

次にマップの変化があったのは海から見覚えのあるシルエットが...。

f:id:KamikiYuki:20160407015250j:plain

 

小人となって次の部屋へ

次のマップへ移動するとどこかの部屋。ノクト自身が小さくなります。
さながら穴に落ちた不思議の国のアリスのようです。
というか、このあたりでキングダムハーツの雰囲気を漂わせていきます。
ここで新たなアイテム、花火。

f:id:KamikiYuki:20160407015322j:plain

スクリーンショットで撮るとなかなか迫力ありますね。
ここで気付いたのが黄色いクリスタルの数に応じてパネルのロックが解放される仕組みのようです。
最初ロックされていましたが一定値を越えると解除されたアラートが。

ここでは様々な乗り物に変身して遊べます。
海外のゲームによくあるアクセルとブレーキがLRで操作するスタイル。
パネルが一段階あがるとトラックから速度のでる普通自動車へ。

 

街の中へ

f:id:KamikiYuki:20160407015852j:plain

次のマップはどこかの街の中のようです。
ここでは色んな動物?モンスター?に変身出来るスイッチ
ワニだったりガルラだったり...。

f:id:KamikiYuki:20160407015945j:plain

もちろん特有の攻撃アクションを持っていて普通に攻撃するより強い!
ロックオン出来ないので当てづらいですが...。

 

f:id:KamikiYuki:20160407020023j:plain

廊下を抜けるとノクトの住んでいる城の前。
最後に待ち構えていたのは鉄巨人
ここで少年ノクトから青年ノクトに変身。
本編でも使用できる武器で戦います。
少年の時には使用できなかったシフト攻撃、武器を投げつけてその場所に瞬間移動する攻撃が使えるようになります。

f:id:KamikiYuki:20160407020105j:plain

これを組み合わせて上手くアクションを重ねるとカッコイイ動きをするんですよ。
攻撃方法は単純なのになかなか上手く出来ない!
敵の攻撃が分かると防御タイミングが理解できるのでスタイリッシュな回避から攻撃へ転ずるところがかっこよくなります。
こいつを倒すとデモは一通り終了、もう一度鉄巨人と戦いたい場合は奥のスイッチを押せばまた出てきます。

全然スタイリッシュなスクショないじゃないですか、自分

出来ることを盛り込んだ体験型デモ

子どもノクトのアクションなのでそこまでスピード感はありません。
青年ノクトになるとスピード感増して楽しいですが、その分難しいですね。
それ以外で出来ることを体験出来るように作られている分少し消化不良。

召喚獣かっけーと胸躍ってるので十分楽しみではあります。
戦闘システムは体験版の頃より改良された感じなので
慣れればもっと良いアクションができそう。
9月30日が楽しみですね。

まずは7月に公開される映画が楽しみですね。

f:id:KamikiYuki:20160401025707p:plain

こちらはノクトたちの旅の方ではなく、父親たちレギス王サイドのお話。
王直属の部隊が王や次代の王を守る為に戦うお話だそうです。
本編のあらすじに父親である王の死が伝えられるとありますが、そのような導線があるのか。あるいは生存を伏せられる展開になるのか気になるところです。

ノクトたちのお話を描くアニメーションも全5話で展開中です。

f:id:KamikiYuki:20160401025723p:plain

4/7現在1話が公開中。
公式ページにて視聴出来ます。

生者と機械の差別化のため、帝国魔導兵は3Dモデリングされていますね。
どこかの屍者の帝国みたいだ。