読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人は嘘つきの始まり。ソロモンの偽証 前編をやっと観ました。

宮部みゆき原作って上辺の対象年齢は多岐に渡る印象です。
模倣犯ブレイブストーリーあたりしか正直記憶はないんですけど、模倣犯は映画版ラストはエグくて強烈にそのシーンだけ恐怖を覚えています。ブレイブストーリーは映画版は小学生が観ることの出来るファンタジーとして安心して観てましたが登場人物ミツルのラストや各描写が過激だったりします。

このソロモンの偽証は中学校敷地内で遺体として見つかった生徒を巡って生徒、教師、保護者、マスコミがそれぞれの思惑で事件をうやむやになり、結果学校内裁判で追求する物語です。
生徒の中には被疑者とその告発者、その他生徒。
教師の中には告発文を破り捨てたと疑われる担任、疑う教師、その他。
告発文により学校側に疑念を抱く保護者、自由にかき回すマスコミ。
一言で言うと大人の都合とモヤモヤする子どもたちと言った具合です。

 

前後編観ての感想を書く予定でしたが、まだ後編観てないけど気持ち的にホットな話題なので前編の感想を書いていきます。
前編のサブタイトルは「事件」と題して、実際に起こった事件から裁判の準備を整えるまでを描いています。

大雪が降ったクリスマスの朝、藤野涼子と野田健一は校舎脇で雪に埋もれた柏木卓也の遺体を発見します。その死は屋上からの飛び降り自殺と断定されたが、刑事を父に持つ涼子や学校あてに、卓也は大出俊次ら3人の不良生徒に殺害されたとする告発文が届きます。それを巡ってマスコミなども巻き込みながら話が進みます。

お話自体はテンポよく進んでいきます。
物語自体暗いお話なので重々しい雰囲気で進んでいきます。
謎自体はそこまで複雑な事件じゃないですけど、あらゆる人の介入で複雑になったミステリーですね。このあたり解決編にあたる後編、「裁判」でどう終わらせるのか気になるところです。

 

この作品何がすごいって1クラス分の生徒役をオーディションで採用しています。
中学生役なのですが、メイクも思春期の悩みをリアルに再現しています。
告発文を書いた、三宅樹里役はニキビだらけでいじめに合うのですが、しっかり再現しています。
また藤野涼子役はこの作品でデビューなんですが、役名のままデビューとなってます。

 

とにかく後編が観たくなる話の展開でした。
観るなら2本連続で観た方がいいかな?
前編観て考察して後編観るほどじゃないと思いますので。
モチロン推理小説みたいに解決編前に推理する派だという方はそれで。